【若者塾】H24第15回☆地域おこし協力隊との意見交換会②

2012年12月1日(土)@南陽市えくぼプラザ
地域おこし協力隊との意見交換会②を開催しました。

この日は雪がちらつく天気のなか
山形県内で活動する地域おこし協力隊が10名集まってくださいました。


10月から放映されているドラマ「遅咲きのヒマワリ」で題材にされていることもあり、
地域おこし協力隊の知名度は上がってきています。

とはいえ、協力隊のいる市町でも、その活動はあまり知られていなかったり、
地域と協力隊での上手な協力関係が築けていなかったりします。

前回の活動報告でも書いたとおり、双方が議論を重ね、
お互いにとってメリットのある形で関係性を築いていくことが大切!
もっともっと交流を深めよう!
...ということで2回目の意見交換会を開催しました。


後半のフリートークに先駆け、地域おこし協力隊からの話題提供をしていただきました。
普段どんな想いで活動をしているか、山形に住んでみて感じることなどを
活動紹介とあわせて話していただきました。


遊佐町の岡部隊員より、国際協力に携わっていた経験をふまえた地域おこし活動の紹介と
3年間の活動のビジョンを話していただきました。
1206kyouryokutai_1.JPG



最上町の山上隊員からは、「福祉」の視点でみた地域づくり活動の紹介がありました。
1206kyouryokutai_2.JPG


尾花沢からは古藤隊員と緑のふるさと協力隊のお二人にご参加いただきました。
1206kyouryokutai_3.JPG
農作業や地域行事への協力を通して感じた想いを歌にした「おばねの唄」の生演奏もありました♪




1206kyouryokutai_4.JPG1206kyouryokutai_5.JPG
後半では数人ずつのグループに分かれてフリートークの時間です。



1206kyouryokutai_6.JPG1206kyouryokutai_7.JPG
グループごとに自由にテーマを設定して話し合い、最後に全体で発表しました。




山形は地味なのか?それはなぜ?
女性の輪の中に入り込むのは難しい
協力隊の制度に対する提案
など
各グループから率直な意見が出されました。



今回はお互いに話をする時間を多くとっていたので、
前回以上に深い意見交換ができたように思います。


置賜管内でも、地域おこし協力隊の新規受け入れや増員を検討している市町があります。
これから協力隊の存在がもっともっと身近になるはずです。

同じ地域に住む者同士、立場を超えて協力しあい、
楽しく地域づくりができると良いのだろうと思います。



(追伸①)
地域おこし協力隊の活動は、各隊員のブログからも知ることができます。
全国の地域おこし協力隊のブログ

遊佐町地域おこし協力隊のブログ

最上町地域おこし協力隊のブログ

尾花沢市地域おこし協力隊のブログ


(追伸②)
「おばねのうた」のご紹介
協力隊として尾花沢にやってきて、日々の活動のなかでの想いを曲にしたものです。
↓こちらで歌詞をみることができます。

2012年12月19日 更新

  • おきためいてぃぶ若者・団体登録グループ募集
  • おきさぽ
  • MURAYAMA若者活動コラボサイト
  • やまがたおこしあいネット
  • おきためいてぃぶ記事投稿フォーム

月別の記事